はじめてのえのぐ



小さい頃から家に飾られてあった一枚の絵は

自分が書いたらしいチューリップ


額の入れ替えをしようと中を取り出し

裏をみる...



"35年前の4/17 はじめてのえのぐ"


35年という月日で景色は変わり

自分も子供から親へと変わった


だが、この額の中からは当時の匂い温もりが

今も、これからも残り続ける


とりわけ美しいわけでもない

誰かの心を打つわけでもない

作品として価値があるわけでもない

それで良い

自分にとって特別なものならそれで良い


大事な事を忘れないように

これからも飾り続けたいと思う。




@2019 all right reserved by Shingo Okazaki.